対向車との正面衝突で廃車になる事故にあった経験

先日初めて命を落とすかもしれないという体験をしました。車に乗っていて正面衝突事故を起こしてしまったのです。両側一車線の道路を走行していたのですが、急なカーブがあったためスピードを落とそうとしました。ところが道路に先日降った雪が残っていて、普通タイヤを履いていた私はスリップしてしまって道路の中央にはみ出してしまったのです。

しかも反対車線から車が走行していましたので、その車と衝突してしまいました。あっと思ったときにブレーキを踏んだのですが間に合いませんでした。衝撃が強かったので私も相手の車もエアバッグが開いたので、お互い命を落とすようなことはありませんでした。

また幸いお互いに大きなケガもなかったのです。事故が起こって車を見てみると、私の車も相手の車もボンネットの部分がぺしゃんこにつぶれてしまっています。まずは警察を呼んで、被害状況を確認してもらうことにしたのです。
(参考:車検を通した直後に事故で廃車に

車がぺしゃんこになってしまったのでとりあえずレッカー移動してもらって、車の状況を見てもらうと、エンジン部分が壊れてしまっているので修理だけで100万円以上かかるといわれてしまったのです。

それくらいの値段を出すから新車に買い替えた方がいいので、廃車手続きをとることにしました。事故の相手の車も同じような状況で、やはり修理よりも買い替えを希望していたのです。

当然私に非がありますので、加入していた任意保険の会社に連絡を取って保険金支払いの手続きを行いました。

命が助かって思ったのですが最近の車は本当に頑丈にできていると思いました。あんなに車がつぶれても私は車のお蔭で大きなケガをしなくて済んだのです。しかしもう事故は絶対に起こしたくはありません。