車検を通した直後に事故で廃車に

泣きっ面に蜂という言葉の本来の意味とは少しずれているかもしれませんが、不運が続いてしまいました。なんとせっかく車検を通したマイカーが、その直後に事故を起してしまいそのまま廃車になってしまったからです。

車検はかなりの費用がかかってしまうことから、カーユーザーが定期的に恐れているものだと思います。私も今回の車検では10万円ちょっとくらいのお金が必要でありましたので、その分の資金を確保するのにかなり苦労を要しました。それでなんとか車検の期日までにそれを終わらせることができたというのに、その数日後に運転ミスで自動車専用道路の中央分離帯に思いっ切りぶつけてしまうという事故を起し、前面がグッシャンコに。

事故を起した車の撤去作業にもかなりの費用を要してしまい、自分もムチ打ちなどになっていたのでその医療費もかかり、さらに追い打ちをかけるように廃車処理やその手続きにもお金がかかるという始末。

詳しくはこちらの記事へ
   → 事故にあったけど車は廃車にならずにすみました

車検の費用にかかった10万円と合わせると合計30万円以上の費用が結果的にかかってしまいました。

こんな風になるのならば車検を通す前に中古車に買い替えるなり、廃車にしておけば良かったと思いますが、後の祭りですので仕方がありません。かといって失ってしまった費用のことをわすれられるわけでもなく、少なくとも事故が起こるのが車検を受ける前ならば車検費用だけでも浮いたのにと悔やんでしまいます。

また新しい車を購入しなければなりませんが、今度買う車からは車検を通す前に買い替える方向でいます。その方が、車検費用も要らなくて済みますし、もし今回のようなことが起きたとしても余計な費用を支払うリスクを下げることができるからです。