事故で廃車になったフィットが自動車保険で新車になって戻ってきた

乗用車にしては本体価格が安いこと、そして燃費がとても優れていることから、ホンダのフィットを購入し、ほんの数日前に納車しました。そしてフィットの乗り心地を試すために、連日余暇を見つけては頻繁に行動へ走りに出ていたところまさかの出来事が起こったのです。それは、交差点で停車している時に後方から思いっ切り衝突される事故でした。まさか新車で乗り始めてすぐにこんな事故に合うだなんて思ってもみませんでしたから、その時は一瞬で頭の中が真っ白になり「これは夢じゃないか?」と思ってしまったくらいです。

後方から衝突してきたのは、50歳代の男性でよそ見をしていたらぶつかってしまったとのこと。首の傷みを感じましたが、ドライバーともに外傷はそれほどなくほっとしたのもつかの間、車を降りて我が車のフィットの後ろを見てみると後部ドアのあたりが完全に原型をとどめないくらいにグッシャリと潰されていました。当然、それだけの外傷を受けたわけですから、フィットは廃車になってしまいました。

詳しくはこちらの記事へ
   → 事故って動かなくなったので泣く泣く廃車にしました

まさかまだ納車したての内にこんな酷い有様になるような事故にあうだなんて、その時は本当に最悪だと思ったものです。

しかし、事故の処理が一通り済んで相手方の保険屋さんとの話し合いになった時に、私の方に非が無く過失割合はゼロになること、そして廃車になってしまったこともあり、改めて新車にしてくれるように頼んでみたのです。最初は保険屋さんの方も対抗する素ぶりを見せましたが、できるだけ安易に示談に持っていきたいという方針になったのでしょう、事故で廃車になったフィットが、自動車保険によって無事新車になって帰ってきました。

最初は泣き寝入りしなければならないのかと思っていましたので、しっかりと新車になって戻ってきてくれたので本当に安心しました。ただ、今回のフィットも再び納車早々に後方から他の車に衝突をされるようなことがないように祈るばかりです。