左ハンドルってなにがメリットなのか本気で考えてみた

廃車にする車

外車にも最近は右ハンドル仕様があるので、無理して左ハンドルを運転する必要性は少なくなりました。ただやっぱり、左ハンドルはカッコいいという気持ちもあることはあって、乗ってみたいと思うこともありますね。

でも、実際に運転するとなると難しそう。人から聞いた話では、右側の見通しが悪いため、右折時の確認をより慎重にやらなければいけなかったり、高速道路の本線合流が不安だったりするそうです。また、料金所や駐車場での支払いがしづらかったり、対向車に近いので助手席に乗った人が恐怖を感じたり、といったデメリットがあるということ。なるほど、いろいろありますね。もっとも慣れればそんなに不便は感じなくなるそうですが。

では逆に、左ハンドルのメリットって何でしょうか? 考えてみました。まず、右側の見通しが悪いことがデメリットになるのと対称的に左側の見通しは良いので、歩行者や二輪車は認識しやすくなりますね。側溝や電柱などの障害もよけやすくなります。特に、左折時に巻き込む危険が少なくなるのは大きいかもしれません。

また、乗り降りのために車道側へ出る必要がなく、路肩側でできるので、これは便利だと思います。ただ、自分はいいのですが、助手席に乗る人がいる場合には、車道側での乗り降りになるので、上手なエスコートが必要ですね。
このように左ハンドルにもメリットはあるようですが、右側の見通しが悪いのは安全上やはり良くないので、いっそう慎重に運転する必要があると思います。

また、左ハンドルの外車は、廃車にする時も高値がつく可能性があります。手続きは、自分でやると、結構面倒ですが、業者にお任せするという手もあります。廃車の手続きを悩んでいるならこちら